okirakuroom (アフガンハウンドと暮らす)

我が家のお嬢様はアフガンハウンドとチワワ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 今日の「とくダネ!」TOP人間 ≫ 今日の「とくダネ!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今日の「とくダネ!」

今週の「とくダネ」はフジテレビの医療ウィークとかでニッポンの医療を検証する企画をやってました。今朝の内容は人工関節のMIS(最小侵襲手術)についてでした。
将来、人工関節を入れるであろう私としては思わず真剣。私が股関節の手術をした22年前とは比はべモノにならない医療技術の進歩を見させてもらいました。
当時の股関節の手術は術後のリハビリも入れて3ケ月の入院と1ケ月の自宅療養で社会復帰まで4ケ月の日数を費やさねばなりませんでしたが、最新の医療技術では手術痕も従来の半分ほど、切開を最小にとどめるおかげで、筋肉へのダメージも最小限にでき、2週間で退院できるそうです。

とくダネで取り上げられていたお医者さんのサイトです。

ただ、人工関節の耐用年数は昔と変わらず15年程度らしいので、私のように若い(←ココ重要)者が受けると再度交換する必要もでてきます。
まだ今くらいの痛みならガマンできるし、人工関節だと現状以上に間接の動きが悪くなるからできるだけ今の状態を維持できればと思ってます。あと何十年(←ココも重要)かしておばあちゃんになる頃にはきっと今以上に医療も人工関節も進歩してるに違いないですしね。

20061216013511.jpg


自分が走れない分はこの方が存分に走ってくださいます。
3日ぶりのお散歩にヤッホーなフラウさんです。


Comment

私も見ましたよ。
(=^ー゜)ノ こんにちは
私もかじりついて見てました。
いずれは我が身かなぁとか、考えちゃいました。
心臓外科の先生もすごかった。
日本にも凄腕のお医者さんがいるんですねぇ。
外科医が将来の夢のうちの娘。
「私もあんな風にできるかのな?」って、言ってました。
う~ん、それ以前に学力がね~v-390
2006.12.16Sat 10:31 ≫ 編集
えぐかったけど
さすがに手術の様子は凝視できませんでした~私は医者も看護士もムリ(笑)

娘さん、お医者希望!? すごいなぁ~
最初の投資(教育費)はすごそうでけど、お医者になってガッポリ稼いでもらって、ドッグラン併設の豪邸なんていいですよね~
そん時はエルモさんと一緒に呼んでくださいね~(爆)
2006.12.16Sat 14:02 ≫ 編集
現実になるのやら、はてさて。
小学生だから、現実の厳しさを知らないのよね~v-355
教育費、考えるだけで恐ろしい。v-404
もしも、なれたら豪邸&ドッグラン併設で、皆様ご招待しますね。(爆)
2006.12.16Sat 14:34 ≫ 編集
心待ちにしときます
娘さんにそっとプレッシャーかけといてください(笑)
2006.12.16Sat 23:53 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。